2015年相場展望 米国利上げがポイント? 

米国クリーブランド連銀のメスター総裁は、米経済の幅広い強さで、6カ月内に利上げを開始できる可能性があると、それ以降の政策引き締めに付いては、指標次第・・・
メスター氏は、2015年の米国成長率は3%程度となり、インフレ率は目標とする2%に向かい、失業率は引き続き低下すると予想?2015年前半に利上げ開始と発言した。
米国経済が勢いずいていると説明。原油安が追い風となリ、2015年の景気が明るいまた、経済回復スピード次第、インフレ率の変化で、FRB目標の2%に何時戻るか次第で金利引締めに入るとも説明している。確かに米国民は、車移動 しかもガソリン使用量は日本人とは比べものにならない・・・これが安くなると他の所に金を回す分 消費が上がるでしょう
しかし、相場的には利上げ時期にもたつくのは、何時ものパターン しかも相当な高値圏内だけに利上げ時期に大きな利益確定売りが、出る。パターンとしてはヘッジファンドの決算時期が重なったりで5月に大きな調整を向かえると見たい。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://0422khk.blog83.fc2.com/tb.php/4625-1a9c6527