エボラパニック 米国株再度下落(10月16日) 

また米国株は下落。S&Pは6カ月ぶり安値まで落ちる。9月の小売売上高は予想以上に悪化、米国景気に対する不安と、テキサスでは2人目の医療従事者がエボラ出血熱に感染した事でややパニック気味。
S&P5は0.8%安の1862.50。一時は3%安と、恐怖指数拡大。年初来からの上げは0.8%未満に縮小し、9月に記録した過去最高値からは7.4%下落。ダウは、173.45ドル安の16141.74ドル。一時は460ドル下落。小型株指数ラッセルは1%も上昇。
欧州経済先行き不安、米国利上げ、小売売上げ悪、エボラウィルス不安で航空、原油安、市場心理はパニックへ・・・相場は底に近いのかも知れません。

注目株

ヘルスケア、マスク、エボラ関連薬品

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://0422khk.blog83.fc2.com/tb.php/4535-8d30c33e