週末相場雑感(7月19日) 

米国株は反発!ウクライナや中東での危機が和らいだ?グーグルは4~6の売上高が事前予想を上回ったことでに買われた。グーグルは連動型広告の販売が伸びた事が評価されています。ダウではジョンソンエンドジョンソンやボーイング、の上げが目立った。一方で半導体大手AMD は大幅安。
S&Pは1%高の1978.22。ダウは123.37上げて17100.18ドルと17000ドル台回復

為替市場では円下落。前日はウクライナやガザの情勢悪化で安全資産逃避での円高、ユーロ円で5カ月ぶりの高値をつけていた反動もあるのかも知れません。円は下落、新興国の高利回り通貨は上昇。マレーシア航空機を撃墜したミサイルは新ロシア勢力が支配している地域から発射されたとの見解でした。

注目低位株

メッツ 4744 チビチビと下落中、安い所を拾いたいが、冴えない

ヤマト 7853 60円~55円程度で拾うか?50円以下で拾うか?

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://0422khk.blog83.fc2.com/tb.php/4504-83a5b008