週末相場雑感(7月12日) 

週末の米株は反発!欧州金融不安から下落していたが、アマゾンなどインターネット関連株が反発。それでもS&Pは週間ベースで下落しました。アマゾンは業績拡大への見通しから買われた。ギャップは安い、6月の売上高が予想外に減少・・・
S&Pは0.2%上昇の1967.57、週間ベースでは0.9%安と4月以来。ダウは28.74ドル高。ナスダックは0.6%上昇、取りあえず週間ベースでの空売り買い戻しが入った模様。

ポルトガル銀行セクターでの問題がユーロ全体に拡大するとの懸念から、円買い・・・
ドル円は週間ベースでは4月以来の円高。FOMC6月17~18日の議事録で利上げペースの材料出ずでした。ポルトガル問題は新たな不安材料ですが、一時調整の材料程度でしょう。

日経225は、年金関連?少なくとも本邦機関投資家が、下値拾いをしている感じですが、逆に上を買うタイプの投資家も不在、この感じだと上値は重く 下値は堅い相場になる可能性が強い。つまりボックス相場?

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://0422khk.blog83.fc2.com/tb.php/4498-7dcafb9f