週末相場雑感(6月21日) 

週末の米国株は小幅上昇。指数は最高値更新!活発なM&Aを材料に製薬株が上昇、米国の経済成長が加速するとの見方が多数です。ヘルスケア関連が上昇。またカーマックスも上昇。ここは集客増が販売拡大し、四半期業績が市場予想を上回った。S&Pは0.2%小幅上昇。ダウ平均も25.62ドル高の16947.08ドル。いずれも最高値と相場好調!米国は改善の兆しあり、企業利益は拡大、低金利。米国株が上昇を続けるには良い環境です。当然、ドル円も102円台ポテポテ、来週の日本株も底堅い相場展開と見ています。この調子でサマーラリーを向かえるのでしょうけど、秋に大きい調整がある様な感じがします。日経平均で言えば12000円そこそこ、ドル円で言えば98円処、いや95円かも・・・市場では買いポジがあると言う事は何時か反対売買がある訳だし、次回の調整時期に買える投資家が儲けるのでは?

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://0422khk.blog83.fc2.com/tb.php/4489-168b2c6c