週明け相場(6月16日) 

先週末の米国株 は反発。S&P5は週間ベースで下げ幅を縮小、インテル株の上昇や企業買収活動が材料視され、イラク情勢悪化^原油供給不安を相殺した感じです。
インテルは大幅高。4-6月と通期の売上高見通しを引き上げた。一方、オンライン旅行予約サービスのプライスラインは下落。同社はレストラン予約サービスのオープンテーブル買収で合意したが・・・シティも安い。司法省は住宅ローン担保証券の販売に関する調査の一環として、100億ドルを要求 これを嫌気して下落
S&P500 は前日比0.3%高の1936.16と、4日ぶり反発。ダウはこの日、41.55ドル上げて16775.74ドル 日経225先物はあまり変わらず、15000円台キープ程度 これだと上値の重い展開になりそう 再度イラク情勢の悪化から原油上昇が気になり、どんどん買われないので、ロボット関連、材料株等に注目!

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://0422khk.blog83.fc2.com/tb.php/4485-52b386ae