週明け相場(4月20日分) 

週末は欧米株式市場が休み・・・為替も特に動きはありませんでした。週明けは米国ナスダックの調整が続くか?これが日本主力株の明暗を分ける展開でしょう。米国のへッジファンドの益出しが終了しているのか後、5営業日位は続くのか?日本でも麻生大臣が言う6月辺りから公的年金の運用が株にシフトする様な話も出ているので、今回の調整終了も近いのかも知れません。あるいはボックス相場継続?個人的には、多少上げたり下げたりで良いのですが、極端な下落(例えば400円安だとか4日続落)こういうのがなければ適当な調整(1日200円安程度)は、かえって低位株には資金が集まりやすいので好都合です。


注目の低位株

レカム(3323) 週末にかけてかなり反発相場入り、日足、週足共にチャートの形が良いので材料次第では、150円位まであり

メッツ(4744) 現在バーコード相場でダメです。出来高増期待

エルナー(6972) 調整中なので、もう少し時間が必要でしょう

USソリューション(3390) 復活気味ですが押目狙い

アルデプロ(8925) 下落調整でも出来高健在、人気があるのでまたやりたい銘柄

テイツ-(7610) こちらは色々と中古市場での材料多い、更にプリペイドカードの発行が気になるエネルギーは溜まってい
そう?

低位系のテーマは素材、ロボット、そして今、熱いのは格安スマホですが、日本通信が凄過ぎるので格安スマホ発売する銘柄に期待したい所です。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://0422khk.blog83.fc2.com/tb.php/4452-82c38df8