週末相場雑感 

週末の米国株式市場はダウ続伸、S&Pは連日の最高値更新。それでもウクライナ情勢から、週末特有の利食い売りが広がり、値を消しました。2月のミシガン消費者信頼感が好調だったことを材料としたのでしょう。ウクライナのトゥルチノフ大統領代行が、ロシアの強硬姿勢を非難したことを受け、リスクオフも・・・週末の展開が不透明なことから、利益を確定する動きが広がった感じでしょう。ダウは49.06ドル高1万6321.71ドル。ナスダックは10.81ポイント安の4308.12 また日本時間で軟調だったユーロの大反発が目立ちました。

週明けの日本株は、外人売りが止まっているが、ウクライナ情勢と中国問題で揉みあいでしょう。多分、材料株が乱高下する展開が予想されます。

候補
アルデプロが材料が出たので127円から150円台にステージを上げる可能性大! その他ではターボリナックス(3777)の仕掛け買い、Uソリューション(3399)の堅調さ、下で拾っている感のあるティツー(7610) 日本駐車場(7353)は取りあえず材料出尽くしで休むか?アジアグロース(6993)は色々と考えて150円台まで待つか様子見 パナソノニックの軽い押し目待ち、

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://0422khk.blog83.fc2.com/tb.php/4428-4a7e0d01