米国時間のユーロ円(1月13日) 

米国時間のユーロ円

欧州市場で、ドル円が約1カ月ぶり安値。10日の12月米国雇用統計が予想外に弱くなったこと材料となっている模様
ドル円は103.30円。一時103.26円と昨年12月18日以来の安値をつけた。FRBが緩和縮小する一方、日銀はさらなる緩和をするとの思惑からドル高になると思われたが・・・米国雇用者数の伸びは7万4000人となり、予想の19万6000人を大幅に下回った。しこれで米10年債利回りは2.85%近辺と12月中旬以来の水準とドル売り材料となっています。ユーロも円は141.26円、1カ月ぶりのユーロ安水準で揉み相場中、休み明け1円安です。ちなみにドル、ユーロ安を受けて日経225先物は100円程安く推移中^ダウの先物も冴えず。


売り

143・20~36

買い

140・55~40

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://0422khk.blog83.fc2.com/tb.php/4394-3379c38d