年末相場雑感(2013年 12月31日) 

米国株はダウ平均が上昇し、過去最高値更新。年末商戦好調か?消費関連が強い。年間ベースでは1996年以来の大幅な上昇となる見通しだ。ツイッターは5.1%下落。フェースブックは3.1%安で、3日続落・・・ダウはこの日25.88ドル上昇の16504.29ドル。30日為替ではユーロドルで4日続伸。イタリアの国債入札結果が材料。借り入れコストは低下し、ユーロは上昇。欧ECBは追加利下げの必要はないとの認識、これが材料なのか、ユーロ堅調で終了。

日銀は30日、年内最後の営業日となる同日のマネタリーベースの残高を公表した。今年4月に導入した異次元緩和によって資金供給を続けた結果、201兆8500億円となり、年末目標の200兆円を突破と凄い量で円が刷られています。

来年も日銀の緩和は続くでしょうが、出口はあるのか?米国と中国は出口を見つけています。欧州も昨日の感じなら出口を見つけているでしょう。来年、日本は消費増税もある事から、まだ出口は先でしょう

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://0422khk.blog83.fc2.com/tb.php/4384-58d18de4