米国時間のユーロ円(11月20日) 日経平均続落 

米国時間のユーロ円


日本株は続落で終了。先週の株急騰で相場に過熱感があり、テクニカル的にも調整でしょう。年初来高値を付けた5月に買った人の戻り売りと、税制改正での優遇が無くなる為の個人売り、先物買いの利益出しでしょう。保険や銀行などの金融が安い。トピックス 3.43ポイント安、日経平均は50円安・・・ドル円100円割れ ユーロ円も昨日高値 135・70台には届いていない

材料
公的年金の改革を議論する政府の有識者会で、国内債券を中心とするポートフォリオの見直しが必要だとする最終報告を取りまとめた。これにより大きな金が動くので、長期的に円安もありえるでしょう。流石に国内債権では利益が、でずらいので、外国債権やら海外資産に廻すのでしょうか?


売り

136・37~50

137・50~66

買い

134・70~58

133・75~60

133・45~30

米国株も高値警戒感が漂うので、調整されたらドル円、ユーロ円も安値狙いしそうだが・・・

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://0422khk.blog83.fc2.com/tb.php/4349-f6424bd2