週明け相場(11月18日分)  

東京時間のユーロ円

週明け市場では、ドル円が100円台地固め、上値を試してストップ巻き込みもありそう。米国経済指標が良いのと、株高相場が良ければと云う条件。それでも急速に円安、株高、材料不足の場合は日経225先物売り、クロス円売りで利食いにも注意が必要。

米国の雇用統計が予想より良好で、株が上昇しクロス円も買われやすい状況。円が売られやすい相場が週明けも続くのかも・・・注目材料は米国小売売上高や同中古住宅販売件数、これとFOMCの議事要旨

ユーロ円のテクニカルでは日足がややいっぱいで調整近い感じ、4時間足も調整前、1時間は方向性に欠けたもみもみ

売り

136・10~28

137・05~23

137・35~40

買い

134・30~10

133・39~25

133・04~97

日経225も好調だが、5月高値近辺での現物株、先物は相当の出来高・・・これを越えるには強力なエネルギーが必要なので、一度は打ち返しがあるでしょう。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://0422khk.blog83.fc2.com/tb.php/4344-9db0412a