米国時間のユーロ円(11月15日) 日経15000円・ドル円100円台 

米国時間のユーロ円

本日は象徴的に日経225が15000円台、ドル円100円台と半年ぶりに戻り試しをしています。米国の金融緩和が当面維持されるとの見方から、投資家がリスクオン、先物の買い戻し、踏み上げとドル円オプション100円破りがありました。世界的証券や保険など金融株、輸出関連、が当然買われました。

日経の終値は前日比289円高の1万5165円、5月22以来の高値水準・・・但し当時のしこり玉を考えてここから簡単には上昇しないと思う。一応、持ち合いを、上離れたとは云えど、打ち返し玉に押されるのが、普通です。来年、また仕切り直して16000円台を狙うと思う。また個人投資家の税金対策、ファンド勢の清算も控えているので、要注意でしょう。さてユーロ円も好調に上昇しています。スタンスはニュートラルですが、多分売りからやらされるでしょう

売り
135・40~55

136・40~58

136・72~86

買い
133・70~57

132・70~50 ゾーン

132・34~17

ダウも高値圏、日経225も高値圏なので打ち返し狙いで、ポイント売りで臨むつもりです

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://0422khk.blog83.fc2.com/tb.php/4342-1056da05