雇用統計改善!週明け相場(11月11日分) 

東京時間のユーロ円


週末の米国株は反発。10月の米雇用統計で予想を上回る雇用状況、緩和策縮小を乗り越えられるとの見方が前日のGDPとはうって変わる・・・流石、米国相場!忙しい感じです。

個別でプライスライン・ドット・コムは上昇!売上高が予想を上回った。日本でもお馴染みGAPは利益市場予想を上回ったこで上昇!ダウ平均は167.80ドル高の15761.78ドルと過去最高値を更新。

米国労働省が発表した1雇用統計によると、非農業部門雇用者数は前月比20万4000人増加した。前月は16万3000人増、大分良くなっているとの見方が強かった。米国株上昇で当然、ドル円 ユーロ円も前日とは違い上昇円安!ユーロ円のテクニカルだが日足は戻り歩調、週足の形はいまいち悪い、1時間はデット前だが、東京時間で株が高く始まると思うので堅調だと思う。

売り

133・30~50

134・20~33

132・53~66

買い

131・47~30

130・56~44

130・24~18

米国の雇用統計から見て、米国経済はまずまず・・・しかしGDPは今一、見極めは難しい。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://0422khk.blog83.fc2.com/tb.php/4337-35907ac0