週明けの相場(10月28日分) ドルの上値重い 

米国財政問題が決着し、米国債のデフォルトは回避されたがドルの上値は重い。

日米欧がともに実質ゼロ金利では、米国量的緩和縮小が行われても、ドルの押し上げ効果は小さかも知れない。円安が進まない場合は、日本株も重くなり売りがで出てくる。又NISAと投資減税終了の間で押し合いもありそう。2012年末から始まったアベノミクス相場も休憩調整もありえるでしょう。又、消費増税も控えているので日本株は簡単ではないでしょう。米国の債務問題も2014年に入る前にまた始まるだろうし・・・


ドル買いの短期筋がポジション投げ、米国経済の鈍化、へッジファンドの配当支払の為、換金売りもあるので、日本株やドル、ユーロ共に上値は重いと考えています。

売り
135・30~48

136・29~43

136・55~68

買い
133・45~36

132・55~45

132・30~20

月曜日はポジション調整日なので大きくは動かないのが普通です。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://0422khk.blog83.fc2.com/tb.php/4325-2b780a29