週末相場雑感とユーロ円売りポイント(10月12日) 

まずは昨晩のユーロ円売り、133・57 これは状況的に中々、反転調整せずでしたが、133・22で一応薄利で徹退、昨晩の為替では円安推移なのでしょうがない。米国デフォル回避で合意が成立する思惑から円の売り反転ポジが多い日でした。

ホワイトハウスは下院共和党案の短期債務上限引き上げに対して、債務上限と政府機関閉鎖解消を共和党と協議した。欧州中銀は現在のユーロ水準が、輸出に悪影響しているとの見解・・・

米株は3日続伸。デフォルトを回避するため、議会が債務上限引き上げの合意に向けて前進しているとの話での事。
ダウは111.04ドル上げて15237.11ドルと、9月27以来の高値奪回、日本でも有名なカジュアルチェーンギャップは下落、既存店売上高が予想に届かずでした。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://0422khk.blog83.fc2.com/tb.php/4311-835f1898