欧州時間のユーロ円(9月24日) 円安シナリオに黄信号、米国景気不安もあり 

欧州時間のユーロ円


まずは9月23日のユーロ円買いポイント133・31と133・24でポイント買い、これは1時間ボリンジャ-センターである133・50で一度徹退しました。利益はやや薄いが、センターラインを越える勢いが感じられない事、ダウが軟調、ナスダックも冴えず、反転上昇に限界ありと見たからです。円安シナリオに黄色信号が灯っていますね!米国の量的金融緩和縮小の見送り、米国経済減速説。ドルが少し弱る相場展開となっています。投機系であるヘッジファンドも様子見だと思います。米国株安や円高を嫌気し、輸出株に利益確定売り、金融もダメです。また個人に人気のゲーム株、バイオ関連も今日は軟調です。やはり日経225で15000円は戻り売りが多いと書きましたが、やはりと言う感じです。為替は欧州勢の出方次第ですが、パターンとしては安値狙いから高値取りと言うパターンでしょう。

売り

134・23~40 ゾーン

135・12~29

134・46~62

買い

132・39~22

131・49~30

131・04~98

ユーロ円が調整気味に推移中ですが、日足でデット気味なのでしばらくかかる可能性も・・・

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://0422khk.blog83.fc2.com/tb.php/4279-ba7e0d46