週明けの相場(9月23日分) 日本は株式休場 

日本株は、戻り局面です。米国の量的緩和政策の継続を受けて、国内で消費税増税を実施するが補正期待もあり、日経平均225は4カ月ぶりに1万5000円にトライする可能性が高い。

米国での2日下落も気になる・・・ダウは185ドル安、ナスダックも14p安とかなり軟調。それでもきりの良い15000円とドル円での100円は行かないと気が済まないだろう。それとカジノ法案に絡む、スロットル関連、両替関連は目を配る必要があるでしょう。

さてユーロ円のテクニカルですが、1時間足では再度上昇を示唆、4時間足では、デットが近い事を示唆、日足はかなり一杯です。明日の東京時間は参加者が少ないので、揉みあいから高値狙い、欧州時間から安値試しかなと思いますが、最近の欧州は大分、経済指標が改善されている事もあり一筋縄では行かないので、ポイントで待ちます。

売り

135・26~135・48

136・24~40

136・55~65

買い

133・45~30

132・54~35

132・20~10

何時の間にか130円台の中心値まで戻り相場になって来ました。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://0422khk.blog83.fc2.com/tb.php/4276-6fe4410c