欧州時間のユーロ円(9月17日) 日本株反落・リスクオンにはならず。 

欧州時間のユーロ円


本日、日経平均225は93円程反落。昨日の米株高を受けて買われたが、サマーズ氏のFRB次期議長候補辞退、これで金融引き締めがやや後退。当然円安休憩です。17日から始まるFOMCを前に投資家が様子見。アジア株安でリスクオフで日本株も売られました。多分、イエレン氏がFRB議長の有力候補でしょうが、この方は現副議長なのでバーナンキさんと同じ様な政策だと思います。NTTドコモの料金設定で、通信業界の競争激化から通信株が軟調でした。肝心のユーロ円は、得意の132円台前半で均衡・・・ポイントにそろそろ来て欲しい。

売り
132・97~12

133・88~05

134・19~28

買い
131・19~99

130・28~09

129・95~86

FOMC終了後に株が売られる可能性もあると見ています。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://0422khk.blog83.fc2.com/tb.php/4267-90572ffd