欧州時間のユーロ円(9月4日) 地震で少し相場も揺れたが~ 

欧州時間のユーロ円


東京時間の為替相場で、ドル円相は99円台半ばで堅調推移。米国の指標改善で金融緩和の早期縮小観測がドル買いになっている。関東と東北での地震発生後に円買いがやや強まる場面もあったが、影響は小さい。本日の日経平均は100円前後安く推移しているが、昨日迄で600円程、上げている事から利益確定の売りをこなしている感じでしょう。ユーロ円も強い動きで、リスクオンの動きです。材料です^今年の中国経済成長率の鈍化について、経済構造の調整を図るために政府が意識して選択した結果だと説明している。長期的な中国経済成長の為に、構造改革中においての調整だと云うのですが・・・真意はシャドーバンキングと同じで謎。。


売り
132・00~132・16

132・91~22

133・06~25

買い
130・19~130・00割れ狙い

129・30~12

128・98~85

中国経済は大きいのは良くわかるが、謎も多いので発表を額面通りに受け止めるのは?

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://0422khk.blog83.fc2.com/tb.php/4241-ed18ae62