マイクロソフトが、4年ぶりの大幅高!週末相場雑感 

昨晩の米国株はの薄商いの中続伸。マイクロソフトがスティーブ・バルマー最高経営責任者(CEO)退任をめぐるニュースで急伸した。ダウは46ドル高、ナスダック19p高、S&P6,54p高 ドル円は98円後半、ユーロ円132・18とやはり買い戻しで終了。週間ベースではダウが0.5%下落。S&P総合500種は0.5%上昇、ナスダックも1.5%上昇したが、ダウ工業株30種は3週間連続の下落。マイクロソフトが7.3%高となり主要指数を押し上げた。同社は23日、バルマーCEOが1年以内に退任すると発表・・・パルマー氏は米国の投資家に好かれて居ない?米国市場では金融緩和縮小をめぐるFRBの発言を見極めようとする動きが広り手掛かり不足。7月の新築住宅販売は大幅な減少となっている。来週のユーロ円売りポイント・買いポイントは明日出します。。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://0422khk.blog83.fc2.com/tb.php/4216-3cbbb7b0