フリーメーソンの陰謀を歌う曲 All Along the Watchtower ベトナムフィルム 

フリーメイソンの陰謀を歌う曲 All Along the Watchtower

ベトナム戦争を正面から捉えたフィルムにジミ・ヘンドリックスのALL ALONG WATCH TOWER 作曲はボブ・ディランだが、ジミヘンバージョンの方が心に伝わる。戦争を正面から撮った鬼気迫る映像、今回はこの曲を翻訳して、この曲の持つ本質とフリーメーソンの陰謀を読み解きたい。又、もしこの国が戦争に巻き込まれた場合、このフィルムと殆ど同じ状況になる事を考えて欲しい。戦争は机上のモノではなく現実的な殺し合いである





All Along the Watchtower ボブディラン

ここから抜け出す道があるはずだ 道化師はコソ泥に言った。 
どこもひどい混乱の渦。そこは救いがない
ビジネスマン、奴らは俺のワインを飲んじまう
農夫たちは俺の土地を勝手に耕す
そして奴らはそろいもそろって
誰一人その価値がわからない  

興奮することはないよ 泥棒は優しく語る
わたしたちの仲間の中に、
人生をただの冗談にすぎないと考える者は多くいる
だが少なくともわたしと君はその段階を通り抜けた
わたしたちの運命なのか? いやそんなものではない
だからお互い偽って話すのはよそうじゃないか
既に遅くなった

見張塔からずっと 王子たちが監視している
来る者、去る女たち
その中に裸足の召使いたちも
城壁の遠く彼方で山猫が鳴いている
二人の馬乗りが近づき 風が鳴きはじめた

長ピラミッドに浮かぶ目は民を見張っているぞと云うメッセージ、ドル紙幣に込められている。

free1.jpg


ボブディランは詩人らしくストレートな表現はしていないが、それだけ長い間のフリーメーソン、イルミナティの支配を感じさせる。ちなみにこの曲はオリジナルがボブ・ディラン カバーではこの動画のジミ・ヘンドリックス、ディブ・メイソンのバージンが有名である。



There must be some way out of here said the joker to the thief
There's too much confusion, I can't get no relief
Businessmen, they drink my wine, plowmen dig my earth,
None of them along the line know what any of it is worth

No reason to get excited," the thief, he kindly spoke,
There are many here among us who feel that life is but a joke
But you and I, we've been through that, and this is not our fate
So let us not talk falsely now, the hour is getting late

All along the watchtower, princes kept the view
While all the women came and went, barefoot servants, too

Outside in the distance a wildcat did growl,
Two riders were approaching, the wind began to howl

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://0422khk.blog83.fc2.com/tb.php/4215-bcb2e50d