FOMC後は米国株価に振られそうなドル円 

米国連邦準備銀行FOMC議事録の公表を前に筋の売買は見送り、日経平均に連動する動きになった。FOMC議事録後のドル円相場は、米国株に振られる可能性大。昨晩に起こったゴールドマンのオプション誤発注は、電子取引の危険性、特にソフトのプログラミングミスは危うさを感じさせるものだ。ゴールドマンのプログラミングミスのために取引開始から意図せぬオプション注文が送信され、多くの銘柄のオプション価格が1ドルとなったらしい・・・先週も中国の光大証券の38億ドル規模の誤発注で上海総合指数が2分間に6%上昇、中国の規制当局が調査を進めている。これは夏枯れや相場感以外のリスクもあると云う事だな・・・

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://0422khk.blog83.fc2.com/tb.php/4204-3a79db9e