アジア通貨危機の再来! 

米国時間のユーロ円


インドネシア、インド、タイ、ブラジルなどの新興国で株安・通貨安が進行中、同地域で事業展開している会社に売りが先行した。米国金融縮小を背景に、新興国から資金回収の動き加速中の影響を日本が影響を受けない筈がない。不調新興国の弱みは赤字。インドネシアの経営赤字は4.4%と、前四半期の2.4%から拡大。インドの経常赤字も対GDP比4.8%と良くない。新興国の問題は経営赤字とインフレ、赤字国は、海外からの資金に頼ることになるため、資金が本国回避の動きとなると、株安、債券安、通貨安つまりトリプル安に連鎖する場合もありうる。景気減速とインフレ、資金回避が重なれば、今から15年程前の、97~98年にアジア通貨危機の再来となる。。

本日も売り買いは欧州時間と同じでいきます!

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://0422khk.blog83.fc2.com/tb.php/4202-1991b333