週末相場雑感(8月17日) 

週末の米国株は続落、7月の住宅着工件数が増加したが、消費者マインド指数は今年最大の下げで率、下げ幅共に昨年12月以来・・・ダウは30ドル安・ナスダック3p安^10年債利回りが2年ぶりの高水準、株式全般では通信株の下落が目立った。S&Pは0,3%安の1655・83と週ベースでは2、1%安と6月21日以来で最も下げた。ダウ工業株30種は週ベースでは2、2%下落 一時期と状況が変わり、米国経済に対する期待が剥げて落ちてきた感もあり、来週はエジプト懸念、原油価格動向、米国指標、中国指標を見ながらの動きになりそうだが、調整週だと思っておいた方が良さそう。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://0422khk.blog83.fc2.com/tb.php/4194-fbb7906a