欧州時間のユーロ円(8月16日) 

欧州時間のユーロ円

ユーロ圏の7月CPI消費者物価指数は前月比-0.5%、前年比+1.6%。予想は前月比-0.5%、前年比+1.6% ユーロ円のテクニカルは1時間で売り優位、ドル安の流れ持続中、ドルは主要通貨に対して前日終値付近で揉み合い。噂では、中国が新たな景気刺激策を発表するという事で、豪ドルが支えられており、豪ドル・円は89円台前半と前日比小幅高と言うレベル 欧州株全般は小安い。失業率を下げる程、欧州景気は戻っている感じは無い気がする。


売り買いのレベルは東京時間と変えず。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://0422khk.blog83.fc2.com/tb.php/4191-1ab01044