ドル円が7週ぶり安値96・30迄,欧州時間のユーロ円(8月8日) 

欧州時間のユーロ円

為替市場で、米国FRBの資産購入縮小に関する思惑と時期に対しての懸念から、ドルが円とポンドに対して大きく下落・・・ドル円は97.50円を割り込み、ストップロスのドル売りから、7週間ぶりの安値となる96.30円までユーロ円も128.62円。現在はやや円安に戻って、落着いている。日本株は昨日570円と大きく売られている事から、買い戻しと押し目買いが入っています。日経済225は昨日の終値よリ100円程上昇中。個人投資家に人気の、ガンホーが10%上昇している事で安心感も広がっている。ドル円の調整だが、97・50を割れたので時間調整の線がなくなって、値幅調整になりそう。

買い
127・56~41

126・65~52

126・38~25

125・82~74

売り
129・33~50 打診

130・22~38

130・50~60

131・11~21

基本的に8月の円高とFRBの金融緩和縮小が一緒になって夏の円高。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://0422khk.blog83.fc2.com/tb.php/4171-6a0f14ad