ドル円・ユーロ円堅調揉み合いだが日経平均は150円超下落^ 

本日の東京時間、日経平均225は、反落スタート。米国の雇用統計が予想に届かなかった事で、金融緩和策の早期縮小観測が遅くなりそうと言う思惑台等。円高に嫌気売り、日経平均は先週、800円近くも上昇しているため利益確定売りもやむなし。但し、個人投資家に人気の、ゲーム、バイオ等の新興株は小幅高。ドル円・ユーロ円も米国時間と対して変わらず。やはり先に為替相場に、折りこまれていた感。トヨタの上方修正も折込済みだとすれば、材料が見当たらないのも当然か?

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://0422khk.blog83.fc2.com/tb.php/4162-55c861c8