東京時間のユーロ円(8月1日)日経反発も雇用統計睨む投資家も^ 

東京時間の相場

昨晩の、米国株は終わってみればダウは小幅安・ナスダックは小幅高、このダウとナスダックのアンバランスな動きは調整が近い事を示す合図なので、少し注意がいると思う。(今の所は堅調な米指標に支えられてはいるが・・・)昨晩のユーロ円指し値売り130・70と80は70だけ引っかかり、返済も130・40で指しと深追いなしの取引でした。本日の、日経平均は反発。一時164円高となった。米国FOMCの、声明では金融緩和縮の時期を示す発言があいまい?日本株は下値で拾う投資家がいる様だが、個人投資家に人気のゲーム株はガンホー、コラプラの下落、バイオ株もタカラバイオ、アンジェスMGの下げでリスクオンとは言えない。

売り
131・07~23

131・97~13

132・25~30

買い
129・30~13

128・45~23

128・08~98

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://0422khk.blog83.fc2.com/tb.php/4150-2cee9c9a