欧州時間のユーロ円(7月16日) 

欧州時間のユーロ円

欧州時間の為替市場で、ドルがほぼ全面安となる。バーナンキ米国FRB議長が17日の議会証言で金融緩和策縮小に水を差すことへの警戒か?これはFRBが毎月購入する米国債の買い入れ縮小^ドルが印刷される数が減少してドル高になる事と反対で、ドル増刷=FRBが米国債購入ペースを変えずとの見方からドル安となるパターン、それでも急激なドル下落とは言えず、ドル円は99・60~70 国内で、原発再稼働に向けて申請のあった電力4社の5原発10基について、新規制基準への安全審査の初会合を開いた。結論には6ヶ月はかかるとみられ、原発の再稼働は早くても今冬?つまり再稼動に向けている・・・ちなみに今日の東電株上昇してた。

売り
131・27~45

132・20~35

132・45~55

133・05~12

買い
129・50~35

128・62~47

128・33~23

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://0422khk.blog83.fc2.com/tb.php/4109-50079183