欧州時間のユーロ円(7月11日) 

欧州時間のユーロ円

米国緩和継続を示したバーナンキ米国FRB議長発言、ハト派発言を受けてマーケットでは巻き戻しが進んでいる。当然、ドル下落、新興国株は買い戻し上昇!発言内容は変わらないが、過度に量的緩和縮小を織り込んでいた反動が出たと見たい。円安、株高の流れは継続と見られている。欧州時間になっても比較的に堅調な株式市場^ドル円99円台、ユーロ円129・50と上昇気味。

売り
130・24~40

130・98~14

131・20~33

131・87~05

買い
128・30~15

127・50~40

127・11~99

126・55~45



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://0422khk.blog83.fc2.com/tb.php/4101-5e4af6ac