東京時間のユーロ円(7月10日)中国の輸出減少 

東京時間のユーロ円

中国当局が、発表した6月の貿易統計は、輸出が前年同月比3.1%減、輸入が0.7%減、貿易収支は271億ドルの黒字だが、輸出の減少はまずい、前場の日経平均は小幅続伸だが新興株は総じて弱い。短期的な過熱感と自公圧勝が伝えられる中で海外勢の買い・・・半値戻しの1万4500円を揉む展開。又、週末のオプションSQ清算を控え思惑も^昨晩のユーロ円買い(米国時間)129・40 128・95 128・80はキツイ揉み合いでしたが、指し値129・25で売れましたが、あまり楽な勝負ではありませんでした。

買い
128・34~19 打診

127・45~30

127・14~00 ここか127円割れて買いたい

126・59~49

売り
130・13~29

131・02~18

131・32~40

131・91~09

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://0422khk.blog83.fc2.com/tb.php/4098-492abeeb