米国時間のユーロ円(7月8日)新興国でリスクオフ 

米国時間のユーロ円

強い米国雇用統計で買い、リスクオンは、新興国でブレーキ。米国市場では沈静化していた米国金融緩和の縮小懸念が週明けで、アジアで広がる。特にアジアの2大国、インドと中国でリスクオフ、投資資金の巻き戻しが進むとの不安からアジア株が下落、円安で好調な日本株も利益確定売りが強った・・・もしかしたら短期リバウンドがお休みか?

売り
130・73~90

131・63~78

131・94~05

131・50~60

買い
128・95~77

128・05~94

127・75~65

127・20~10

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://0422khk.blog83.fc2.com/tb.php/4093-e9158f7c