雇用統計予想以上の増加でドル101円台・米国株高(7月6日) 

週末の米国株は上昇、S&P500は3週ぶりの大幅高!注目の米雇用統計で予想以上の雇用者増加が好感された。為替市場ではドル上昇。対主要6通貨でドル指数は2010年以来の高水準となった。勿論、ドル円も101円台で引ける。但し米国雇用者数の伸びが市場予想を上回ったことで、再び緩和縮小観測が強まった。バーナンキFRB議長は6月19日に年内の緩和縮小開始の可能性に言及・・・それでもシカゴでの日経225先物は14500台乗せと好調。ユーロ円は今一歩乗れず130円台手前。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://0422khk.blog83.fc2.com/tb.php/4087-50d7fe10