安部首相を一部懸念する米国・・・ 

アベノミックスで株価回復、円安と日本経済に一石投げた安部首相だが、米国でも一部懸念が・・・

①中国・韓国が自民党の歴史認識で、日本外し これが東アジアのバランスを崩す要因と成り得る。米国の国益にならないと言う見解、もう少し本音を押さえて上手く出来ないのか?

②慰安婦問題が活発化すると、米国国内や欧州の人権派が騒ぐと困る

③参議院選挙で自公が過半数を確保した場合に首相をはじめ閣僚が、靖国神社に8月に参拝・・・中国、韓国の反発が予想され東アジアで地政学リスクが高まる

④憲法改正の97条が削除・・・日本では結社、宗教、表現の自由に支障が出る可能性が大、本来、権力者を縛るべき憲法が、どういう訳か国民を縛る。米国でも驚きを隠せない様だ。

個人的に右や左には興味が無いのだが、フェアーな形で憲法改正を望む。又、96条改正はどうして議員の3分2ではいけないのか?良い改正なら議員賛成3分2も国民投票で過半数以上も取れると思うのだが?

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://0422khk.blog83.fc2.com/tb.php/4080-68e0cba0