第2のリーマンショック^中国のシャドーバンキングの闇 

中国の銀行同士で資金を調達する短期金利が上昇し、上海株が暴落し、世界の株式にも影響している。中国での短期金利の上昇には、シャドーバンキング問題がある。シャドーバンキングが問題になったのは、米国発のリーマンショック同様、急速な拡大がもたらしたツケ^リーマンショックの原因は、サブプライムローン問題であり、証券化手法によって大きなリスクを背負い、それが表面化したのが原因、中国当局は、シャドーバンキングをどのように規制するかが世界の金融問題だ。又その規模は日本円で70兆から100兆と言われているが、中国当局でさえわからないと言うのが実情。シャドーバンキングは、①住宅関連ブローカー、②ファイナンス会社、③資産担保証券の発行者、④資産担保コマーシャルペーパーの発行者、⑤銀行のの投資子会社、⑥マネー・マーケット・ファンド、⑦ノンバンク、⑧ヘッジファンド、⑨デリバティブ商品会社、⑩銀行持株会社 等幅広く利用されている。シャドーバンキングは中国にもあるが、他にも近年急速に拡大しており、その影響が懸念されている。中国のシャドーバンキングとして、ノンバンク経由と信託経由のファイナンスがある。資金の出し手について、前者は企業であるが後者は個人だ。これらのシャドーバンキングを通じて、企業や個人の大量のマネーが地方における不動産開発に流れ込んでいる。これが中国のバブルを支えていると言えるので、時期は別としても崩壊は免れない気がする。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://0422khk.blog83.fc2.com/tb.php/4063-4196f7a2