スペイン・イタリアの国債利回り低下^米国時間のユーロ円(6月21日) 

米国時間のユーロ円(6月21日)

FRBの緩和策縮を受けて前日まで売り込まれていたスペインとイタリアの国債利回りが低下。一方ギリシャ国債の利回りは4月以来の高水準。国営放送の再開をめぐる協議決裂で、サマラス首相率いる連立政権の一角を占める民主左派党が連立離脱の可能性を示し、政治的リスク懸念高まる。週末ユーロ圏の債券市場は週末に向けてある程度安定するが、短期的に取引は乱高下か?

売り
129・45~60

130・27~42

130・57~77

131・13~20

買い
127・55~40

126・80~70

126・57~42

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://0422khk.blog83.fc2.com/tb.php/4049-b3fb2e9f