日本株・ドル円、クロス円のボラティリテイ低下気味^ 

東京時間の相場

寄りの日経平均は小反落で始まったが。昨日346円高と大きく上昇した反動で利益確定売りが先行。前日の米国株が上昇したが、為替市場で円高が気がかり^それでも売り一巡後は不動産や自動車などが買い戻されプラスに^現在日経平均は50~100円高と堅調に推移中^18から始まるFOMCを前に主要な投資家は様子見ムード。最近の日本株にとって最大のリスクは円高とみられている。輸出企業の想定レート割れをおこしている事が心配なんだろう 少し気になる事、韓国銀行の金総裁は17日、アジア諸国は円安に立ち向かうために連携する必要があると述べ、日本のアベノミックスが、アジアに悪影響がある。^日本に一国で立ち向かうのは難しい。地域全体への影響に対応する各国間の協力を目指すべきだととも^現にアベノミクスは韓国経済に影響を及ぼしている・・・他のアジア諸国も同様であると主張しています。中国も似た様な事を主張しているだけにやや気がかりか?

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://0422khk.blog83.fc2.com/tb.php/4039-de40bd7b