バーナンキ議長次第の相場 米国時間のユーロ円(6月17日) 

米国時間のユーロ円

本日の日経225は大幅続伸でしたが、商いは依薄く安定感無し。18~19日のFOMCを控えて、多くの投資家は様子見か?ドル・円ユーロ円も上値が重い、米金融緩和の縮小観測に萎縮するリスクマネー^バーナンキFRB議長が会見で投資家に安心感をもたらすことができるかが、今後の相場のカギとなる。

売り
127・26~45

127・60~70

128・10~22

128・55~65

買い
124・70~55

123・83~69

123・53~40

122・98~90

今日は上値が重い^

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://0422khk.blog83.fc2.com/tb.php/4036-1874efe7