麻生大臣、為替介入はしない^ 

来週の為替市場で、アベノミクスに対する期待感で上昇してきたドル円、ユーロ円の反動としての調整がくる。米長期金利の上昇や株安で逃げ腰のファンド勢による売りが円高に振れる可能性も不定出来ず・・・
ドル円で93・50~100円 ユーロ円で124円~130円 ドル円も黒田総裁のバズーカ攻撃以前の水準に近いし、ひとまずアベノミックス休憩の様子、この感じだとやはり6月調整^7月、8月は夏枯れポテポテ、9月から再スタートと思うが?

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://0422khk.blog83.fc2.com/tb.php/4004-4fad5e26