ユーロ圏の失業率過去最悪、消費者物価指数も悪い、欧米株下落^ 

週末の相場


欧州連合が31日発表した、ユーロ圏の失業率が過去最悪の水準に、インフレ率もECBの目標を大幅に下回っている事で株下落、やや円高気味。各国政府が景気支援に向けた措置を採るような政策が欲しい。
4月のユーロ圏の失業率は12.2%と前月の12.1%から上昇、1995年の統計開始以来最悪^5月のユーロ圏のCPI速報値は、前年同月比1.4%上昇となり、前月の1.2%からやや加速・・・ダウは200ドル下落、投資家の利食いか?日本ではアベノミックスの3本目、これが経済政策として最重要な成長戦略が先送りに近い、これは市場に良い影響を与えないだろう。

①農業改革~企業の農業ヘ参加、

②医療改革~保険と実費の混合診療

③企業改革~社長の権限低下策として社外取締役の法制化

②は別として①、③は早急にとは思う。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://0422khk.blog83.fc2.com/tb.php/3995-f1ad4630