円高懸念はそれ程無いとして、株価は何時落着くか?欧州時間のユーロ円(5月31日) 

欧州時間のユーロ円

ドル円・ユーロ円は、それ程の円高懸念は無いだろうが、株価の乱高下が終了するのは何時かを考慮してみた。ズバリ6月中には、無茶売りはなくなるだろう。毎週大きい下げを演出してはいるが、下値メドを日経225で12500円程度と考えれば、6月中に混乱は収束^但し7~9月位までは、横這い・・・個人の戻り売りや一度崩れた株価が、簡単に上を取ってくるとは思えない。アベノモックス期待上昇が終了したので、次は企業決算、実体経済、アベノミックスの成長戦略(参議院選挙後)景気(経済指標)により再度年末に16000円越えを狙うかなと見たい。懸念は米国での流動性引締めか?為替は円安安定期に入っているので、凄い円高は無いか?

売り
132・30~49

133・20~40

133・55~75

買い
130・50~30

129・61~45

129・33~22

6月7日の雇用統計が、目玉の指標となりそう。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://0422khk.blog83.fc2.com/tb.php/3993-6a50bd49