今週の為替相場(5月19日) 

今週の為替市場は、ドル高基調の持続性がカギ、バーナンキFRB)議長などFRBの発言が相次ぎ、米国のQEが早めに、縮小に向かうのではないか?と言う意見がどう相場に影響を及ぼすかが集点。早期で、資産購入が縮小されるとなれば、ドル円は105円台ヘ^ユーロ円も134・50位迄は上昇する可能性も高いが逆に動けば、ドル円の調整からクロス円も同様の動きになりそう!22日にイベントが集中。米国ではバーナンキFRB議長の議会証言、FOMCが公表。日本では日銀の金融政策決定会合が終了し、黒田総裁の会見が行われるが普通、流石に今回の会見後にドル円、ユーロ円の棒上げは無いとは思うが?

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://0422khk.blog83.fc2.com/tb.php/3971-ea719c82