週末の相場 

ニューヨーク時間で、ドルが主要通貨に対して下落。4月の米雇用者数の伸びが市場予想以上、しかし金融緩和策を継続するとの見方で、ダウは140ドル以上上昇、ナスダックも38p上昇。ドルは米失業率が4年ぶりの低水準?対ユーロで上昇した後、下げに転じた。FOMCは今週、労働市場に改善が見られるまで資産購入を続ける。円は全面安^日経225の先物も170円上昇している。ユーロも129円台後半で終わり、130.30で売り129.86で買戻ししましたが、何か強い雰囲気^

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://0422khk.blog83.fc2.com/tb.php/3955-426dc1f9