米国でデフレ懸念 

米国で、金融政策議で、大きな潮目。セントルイス地区連銀のブラード総裁は17日、インフレ率が継続的に低下した場合、FRBによる資産購入が必要との見方。米国内では消費が伸び悩んでいるとの見方や、物価水準が下がっていることに対する警戒感あり、デフレ懸念?日本がデフ先進国だが、これに次いで米国もその恐れがあり、日本発の円安の影響もあるとの見方もあり、米国FRBが資産購入拡大をして、軽いインフレにする方法を探る可能性もある。また IMFの通貨金融委員会は20日、声明を発表し、米国と日本に対し信頼に足る中期財政健全化計画が、必要との見方を示す。これは日米がジャブジャブと金融緩和を続けたとして、出口戦略、財政建直し策はどうするかも、考えてほしいとの要望・・・入口は金融緩和^デフレ終了^成長だとして、財政問題は重い。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://0422khk.blog83.fc2.com/tb.php/3942-65714882