来週の悪材料・・・為替 

円安訂正と日本株調整の材料


①米財務省は12日に公表した半期に一度の為替政策報告書で、日本の経済政策が競争上の優位性を得るための円相場の引き下げを目的としたものでなかったか見ている。またG20も同じ様な事を言っています。その他は国の裏介入の疑いも^

②上海でも鳥インフレエンザ^2~3名に感染、人から人ヘ パンデミックス?

③北のミサイル実験・・・出したり入れたりとよく分からないが不気味

④キプロスに続くスベロニアの財政問題

色々と週末から悪材料が出ているので、少なくても月曜日はそんなに円売りが強くはならないと思う。それでも日銀の金融緩和である程度は堅調と思う。現在日経225の先物は80~90円安、欧州株は全面安と冴えないが、東京時間のドル円、ユーロ円は多分、円売り優勢だと思うが欧州~米国時間で再度円買いになる可能性も^


売り
129・90^05 注意

130・70^93

131・10^20

買い
128・16~96 128円割れSTOP

127・26^07^91 ゾーン

そろそろヘッジファンドの決算売りか?

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://0422khk.blog83.fc2.com/tb.php/3932-4abdcd63