来週の為替見通し、円安トレンドだが2日の上昇ピッチに対する巻き戻しは? 

4月4日の黒田総裁の金融緩和策から欧州不安や米国指標悪も吹飛ばす、円安、もしくは円売りトレンドが出来上がった形となった。ただし今後、国債市場で外人が増えていく事も考慮したい・・・(つまり急騰、急落もある)まず円売りの揺り戻しが、月曜日にあるかないか?これは今後、健全な円安市場に外為市場になるか、それとも外人投資家達の言う円は売っとけ的なモンになるか?ドルはユーロに対して3日続落だが、先物系トレーダーはユーロが対ドルで下落するとの見方を強めている。ヘッジファンドや大口投資家によるユーロのネットショートは4月2日時点で6万5701枚と、前週の4万9095枚から増加中。今後はユーロ安対円安の構図・・・つまりドルは買われる。

ドルのレンジ
95・00^99・00 100円は10日後くらい

ユーロ円 終値 126・75~69程度

買い
125・95~75

124・99~85~75 ゾーン

123・87 4月6日の安値

売り
127・62~77 売りと言うより利益確定ゾーン

128・50~65  ”

128・80~90  ”

129・38~45

しばらく円売り^押し目買いのスタンスで行きたい。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://0422khk.blog83.fc2.com/tb.php/3923-de605429