週初のユーロ円(2月25日) 

材料はイタリアの選挙不安・・・悪材料の場合は週足のプラス1σライン121・00辺り迄の下落から調整に入る可能性もある。現在日足はマイナス2σなので、3σだと120円台中盤^これはユーロ円の月足を見てもスローストキャスがかなり買われ過ぎなので充分ありうる。月曜日のユーロ円だが、上値が重くなってきているので、124・00超えのストップロス位が、上昇いっぱいか?勢いで124・50ストップ位ではと思う。逆に下落した場合は122・30以下のストップ巻き込みで、121・50割れ位だろうか?ここんところの上昇ピッチが速かったので、やはりお休みモードだろう。海外のファンド勢もドル円、クロス円を利益確定しているらしい^株と違い一方的にはならないのが為替なので、何か特別材料が無いと121・00~125・00のレンジだとは思うが?

売り
124・03~20

124・80~90

125・05~20

買い
122・25 122・30にストップがあるので注意したい

121・55~45

121・38~30

121・20~00

120.70~60

各ポイントを意識しながら5分足でスキャル予定です。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://0422khk.blog83.fc2.com/tb.php/3873-1fb599f0