ギブソン新作 ES-390 330の小型版 何れにしてもスモールタイプのセミアコ 

ギブソンES-390 デモ

img2_198079 es-390



ギブソンから新作セミアコ、厳密に言えばフルアコ エピフォンカジノやES-330タイプ、これを現在売れているES-339サイズにした小型箱物 センターブロックは無いが、小型なのである程度ハウリングに強いと思う。それと取り廻しのよさはES-339 CS-336で証明済み 重量も3キロ程度なので軽い!どうやらメイプルトップでバィデイング付き ブロックインレイなので、339より高級機種 330よりも上と考えても良い。ギブソンの小型セミアコ、フルアコは大型セミアコに較べてハウリングに強いが、ある程度の生鳴りもありモダンだと思う。ES-339 CS-336は57クラシック(ハム)ES-330とカジノはP-90(シングル)そしてES-390はエピフォンリビエラやファイヤーバードで有名なミニハムバッカー!普通のハムバッカーよりボリームやサスティンは劣るがシングルより優秀、P-90の様なノイズは出ない、それでいてコードカッティングはジャキジャキ感がある良い所取りのピックアップです。新たなジャズ、ブルースでスタンダードなギターになるかは、使用するアーティスト次第か?ES-335 345系はBB・キング フレディ・キング ラリー・カールトン エルビン・ビショップ オーティス・ラッシュ ES-330はグラント・グリーン カジノはビートルズ ポール・ウエラー このES-390が合いそうなギタリストはチョット思い浮かばないが、デモを聞く限りロック ロックンロール ブルース ジャズ等に合いそう。クロサワ楽器で298000円 ハードケース付き。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://0422khk.blog83.fc2.com/tb.php/3765-636d19a6