クラプトンもマイクブルームフィールド、ピーター・グリーンそしてSRVもコピーしたギタリスト オーティス・ラッシュ 

オーティス・ラッシュ





若き日のエリック・クラプトン ピーター・グリーン マイク・ブルームフィールドそしてSRVもコピーしたどころかダブル・トラブルと自分のバンド名にしている。オーティス・ラッシュは1935年、フェラデルフィア生まれのサウスポーギタリスト アルバート・キングと同じ下向けスクィーズギタースタイルだ。上のITS TAKE TIMESは、初期のフリートウッドマックや生前マイク・ブルームフィールドにカバー・・・と言うかかなりコピーに近い形でレコーディングされていたし、下のダブル・トラブルやオール・ユア・ラブもエリック・クラプトン SRVが好んでカバーしていた偉大なオーティス・ラッシュだが、彼の絞り出す歌にも凄く魅力がある。バデイ・ガイ マジック・サムと共にシカゴ3大ギタリストと呼べる程のアーティストなのだが2004年に脳梗塞で倒れてからそう目立つ活動はしていない。オーティス・ラッシュのお気に入りは、ケニー・バレル Tボーン・ウォーカー BB・キング アルバート・キング 不思議な事に最初に覚えた音楽はカントリーソングだったらしい。とにかく作曲能力 ギターリフの格好良さ 強力なボーカル!愛用ギターはギブソンES-335 345 フェンダーストラトキャスター エピフォンリビエラ等。

otis-rush.jpg

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://0422khk.blog83.fc2.com/tb.php/3746-81edecda